枕が合わない理由とは?正しい高さは?

私も経験している事ですが枕が合わないというのは

快眠を得るという事から考えても好ましい事ではありません。

 

枕が合わない場合は

 

. 肩こり、首などのこり、腰痛

.いびき

. 疲労

 

などの原因にもなりますので

やはり枕は合うモノを選ぶに越した事はありません。

 

ここでは、

 

枕の正しい高さ

なぜ、枕が合わないのか?

 

などについて解説していきたいと思います。

 

枕が合わない

%e6%9e%95%e3%81%8c%e5%90%88%e3%82%8f%e3%81%aa%e3%81%84

 

枕の理想的な高さとは?正しいのは?

 

枕が合う合わないで一番大切なのは高さです。

 

合わない=不快感・快眠が妨げられる・疲れる

 

という状態を差すと思います。

これは、枕に高さが関係しています。

 

なぜなら、一般的に人が体に負担をかけないのは

ここの角度が関係しています。

↓ ↓ ↓

%e6%9e%95%e3%81%8c%e9%ab%98%e3%81%95

 

赤い線の角度を仰角といいますが

これが、大体5°程度が負担をかけないという意味では

良いとされています。

 

なぜなら人にとって快適な枕の高さとは

立った時と同じ姿勢を保てる状態だからです。

 

ここでも書いていますが

直立した場合には実は人は前屈みになっています。

↓ ↓ ↓

快眠枕の特徴

 

ですので、仰向けで寝る場合でも

角度がないと体に負担をかけます。

 

これが、枕が合っていない状態なわけです。

その他に枕が合わない理由は?

 

枕が合わない

一番大きな原因はこれまで書いてきた通り

「枕の高さ」にありますが

その他にも枕が合わない理由はあります。

 

1つめ

 

「枕がへたる」

 

初めは適切な高さだったのに

使っているうちにへたって枕の高さが変ってしまった

ケースですね。

 

この場合は買い替えた方が賢明です。

 

枕の横幅や寝返り対策

 

基本的に枕の高さが適切であれば

枕は合うはずですが現実的には例外もあります。

なぜなら、人は寝ている時にずっと仰向けで寝ているわけではなく

寝返りをうつからです。

 

この場合には獏良の横幅(大体肩幅の大きさくらいが理想)

や寝返りした場合の対策があるかも大切です。

 

私がこれまで色々試してきた経験から

おすすめできるのがこの枕です。

 

↓ ↓ ↓

 

「六角脳枕」について

 

この枕が凄いのは

この様に寝返りをうっても大丈夫な様に設計された優れものですw

 

また、高さや弾力も快眠を考えられて

作られています。

 

六角脳枕の高さ調節

 

最後に枕一つでも

大きく人生が変わってくる事がある事を忘れてはいけません。

 

冒頭でも書きましたが

枕が合わないというのは

 

. 肩こり、首などのこり、腰痛

.いびき

. 疲労

 

と関係しているので

快眠という点では本当に重要です。

参考になれば嬉しいです^^

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ