睡眠と疲労の関係は?

睡眠の最大の味方は健康的な疲労です。

肉体的な疲労がこれに当たります。

ジムに行って体を動かしたり、仕事をして色々な業務を行う事によって疲れたり、

スポーツをして汗をかいたりする事で、健康的な疲れを呼び起こす事ができます。

 

逆に睡眠の最大の敵は病的な疲れです。

これは精神的な疲れです。精神的な疲れを持っていても逆に眠れるという人もいます。

 

疲労

 

疲労の種類と睡眠への影響は?

 

ただ、緊張を伴うような精神的な疲れは逆効果です。

例えば罵倒されたり叱責を受けたりしてそれが病的に多かったりするとそうした

病的な疲れに結びつきます。

疲れというのは、使い方一つで睡眠の敵にも味方にもなるのです。

それは寝具も同じです。

 

使い慣れたものだと安心するものですし、

逆に無理して買った高価な寝具のためにずっと使い続けるなどの事を

すればそれだけ不安になるものです。
使い方一つで全く変わってくるのです。

 

ひきこもりがちな生活になると直ぐに昼夜逆転をするといわれています。

それは何故かというと、メラトニンという体内物質が関係しています。

 

人は体内時計を持っています。

 

何時に何をして、何時にまでは起きなくてはいけないなどの調整を体内時計で行っています。

ただ、その体内時計というのは、普通の人は25時間を1日として計算しています。

実際にルールとして決められている24時間よりも何故か1時間違うのです。

そのずれをリセットするために、メラトニンという物質を体内で生成し、体内時計を元に戻しているのです。

 

そのメラトニンを作るのが、太陽の光であるといわれています。
つまり、カーテンを閉め切って太陽の光を浴びない生活をずっとしていると

睡眠のリズムが取れなくなるのです。

朝に太陽の光を浴びる。

 

これは朝なので夜の睡眠には関係のない行為と思われるかもしれませんが、

非常に大切な事です。

 

疲れが足りない人は、朝にウォーキングをするなどの疲れ集めるような行為をするといいかもしれません。

健康的な疲れというのはいいものです。

気分もリフレッシュして、そのままぐっすり眠れるような気がします。

そうした疲れは積極的に集めるべきです。

 

人生が疲れたというのは、良くネットなどでは検索される言葉ですが、

そうした疲れは不眠を引き起こすものです。適度に人生を楽しむ必要があります。

人生を楽しんで、人生に疲れず、体が健康的に疲れるように、

自分の人生をセルフコントロールする必要があります。

そうする事で安眠につながってくるのです。

 

寝ても寝ても疲労感がある場合は?

 

反対に寝ても寝ての疲労感が抜けないという場合があります。

この場合は、睡眠の質が悪いのが主な原因である可能性が高いです。

 

 

この場合はいくら寝ても寝ても眠いという現象が起きます。

 

これを解決するには、睡眠の質を下げている原因を

取り除くのが、解決策となります。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ