鬱?睡眠が長い理由は?

うつ病が疑われる人の中には「眠れない」という事を経験する事は多いはずです。

反対に、睡眠が長くなる事もあります。

これは、「睡眠中枢」というのが優位になるのが原因です。

 

睡眠障害

 

睡眠が長くなる理由は、鬱など様々である。

 

睡眠が長くなるからと言って必ずしもうつ病とは限りません。

それから疲労していれば、睡眠でカバーするのは

当然の事ですから睡眠が長いと一言で言っても

程度によって、変わってきます。

 

睡眠が長くなる原因として確かに

鬱病も挙げられますが、

実は体質(ロングスリーパー)やナルコレプシーや過眠症という

病気である可能性もあります。

 

いずれにしても、睡眠が長くなると

日常生活で頭がすきっきりしなかったり、仕事に集中できない

といった支障をきたす事もありますので

専門医診てもらうのが良いでしょう。

 

その他の理由としては、

精神的や肉体的な理由で睡眠が阻害されて

質が下がっている可能性もあります。

 

つまり、睡眠の質が低いから睡眠時間が

長くなるという事です。

睡眠が長い時は、質を考える

 

例えば、私の経験で言えば

一時的に鼻が詰まっている時に睡眠が長くなりました。

 

その時は、寝ても寝ても眠い状態が続いて

しまいました(^^;

 

一日に10時間~12時間くらい寝るのが

二週間くらい続きました。

 

他にも

 

鬱までいかなくても精神状態や心配事、

肥満

不規則な生活習慣

 

などで睡眠の質が下がって、

結果として睡眠が長くなっている場合もあります。

 

ですので、睡眠を妨げている原因を

取り除けば、すぐに改善する事もあります。

 

私の場合もそうでした。

 

いずれにしても、

睡眠不足も良くありませんが

同様に寝すぎるという事も良くはありません。

 

一日や二日、長く寝てしまうという事なら

問題ありませんが、あまりにも何日か続く様であれば

何かしらの対処が必要です。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ