良質な睡眠をもたらす入浴の仕方

入浴が快適な睡眠をもたらす事は広く知られていますが、実は正しい方法で入浴しないと

効果がない、または、逆効果になる可能性があります。

ここで、紹介するのは快適な睡眠をもたらす入浴方法です。

ぜひ、覚えて今日から良質睡眠を手に入れましょう。

 

入浴

 

 

なぜ、入浴後はぐっすりと眠れるのか?

 

初めに、なぜ入浴後はぐっすり眠れるのでしょうか。

そのメカニズムについて少し紹介していきます。

人は体温が下がると眠気をもようします。

 

その為に睡眠に入る一時間前くらいから体温が逆に上昇します。

 

体温が下がると眠くなるのだから、逆じゃないかと思いがちですが

実は、体温が上がるのは熱を外に放出して体温を下げる為です。

こうする事で人は眠くなって睡眠に入るのです。

 

快適な睡眠を迎える為の入浴の注意点

 

睡眠に入っていくメカニズムが分かった所で

それでは、快適な睡眠を迎える為の具体的な注意点について書いていきます。

注意点は全部で3つあります。

 

一つ目は、「入浴の際の温度に気をつける」事です。

熱いお湯に入った方がぐっすり眠れそうですが、コレは違います。

熱いお湯は、交感神経を刺激しますので脳が目覚めてしまいます。

ですので、温度は40度以下が望ましいです。

 

スポンサーリンク




二つ目は「入浴の時間です。

 

あまりの長湯は禁物です。長い時間入浴すると体温が下がらなくなるからです。

ですので、入浴時間は「20分以下が好ましいです。」

 

最後は「入浴する時間」です。

 

入浴する時間によっては、効果がなくなったり逆に眠れなくなります。

いつも寝ている時間から早すぎても遅すぎてもいけません。

 

それくらいが目安となるのでしょうか?

 

答えは、大体一時間前くらいです。

 

丁度、人の体の体温が眠りに向けて上がる時間帯です。

 

ですので、就寝の一時間前くらいには入浴を済ませて

心地よい眠りを迎えましょう。

 

以上が快眠のための入浴法です。

 

中には、入浴はしないでシャワーですませてしまう人もいるでしょう。

今日から、ぜひこの入浴快眠法を試してみて下さい。

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ