運動不足だと良い睡眠は得られない?

しっかりと快眠できていないで睡眠が足りないのは運動不足の可能性があります。

日中に眠くなってしまうなんて人は、実は運動で改善される事があるのです。

しっかりとした睡眠を得るには実は「体の疲労と頭の疲労のバランスが必要です。」

 

運動

 

運動不足と睡眠の意外な関係

 

実は、肉体的な疲労を得ると睡眠物質が体に蓄積されていき、ぐっすりと眠れるのです。

これは、今まで我々人類が歩んできた道を考えればとても自然な事です。

しかし、現代の急激な環境の変化(仕事も体からどちらかと言えばオフィスワークなどが増えている)

で頭は疲れているのに体は運動不足という事もあり得るのです。

スポンサーリンク




 

便利だけど運動不足を招いている現代

 

車、電車、コンピューター、電化製品など生活が便利になった反面

人が健康的に生活するのが難しくくなっているのです。

だから人は現代において健康でいる為には、意識して運動をしなくてはいけません。

 

よく寝る為にどれくらいの運動が必要なのか?

 

それではよく眠る為にはどれくらいの睡眠が必要なのでしょうか?

一説によると心地よい睡眠を得る為に必要な睡眠は、

週に30分以上の軽く汗をかく運動を二回から三回」が最低限と言われています。

 

快眠の為に運動時間を確保するのには?

 

でもそんな時間がないという人は、出来るだけ楽をしないで

歩く習慣を身につけるといいかもしれません。

例えば、少し早起きして最寄りの駅ではなく、違う駅から電車に乗る。

昼休みに散歩をするなど、工夫をすれば左程、難しくないはずです。

私もオフィスワークですが昼にご飯を三十分で食べて残りの時間で

歩いていたら、その日はよく眠れるという事がありました。

 

健康や快眠の為には、運動が必要な事を覚えておきましょう。

スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ