最適な睡眠の時間は?どれくらいが適切な長さ?

最適な睡眠の時間の長さはどれくらいなのでしょうか?

睡眠の適切な長さというのは、一般的に8時間とされています。

 

しかし、政府は高齢者に限り、平均睡眠時間を6時間としています。

 

これは何故かというと年齢を重ねる事に人というのは睡眠をする

能力というのが落ちてきます。

最も能力が高いのは赤ちゃんの時です。

睡眠赤ちゃん

 

睡眠力により適切な睡眠時間は変わってくる?

 

 

赤ちゃんがすやすや眠っているというのは、簡単にイメージできるかと思います。

その反面、お年寄りというのは早寝早起きのイメージがありますよね。

これは個々の持つ睡眠力の違いからでるものなのです。

 

そのため、適切な長さというのは人によって違います。

「これだけの時間しか寝てない」

などと数字だけ見て考えるのは間違っています。

 

個人によっても睡眠力の違いというのはあるからです。

まずは自分にとってどの時間が適切な長さであるのかという事を知っておくべきです。

 

自分にとってどの位寝るのが最も健康な自分でいられるのかという事を把握し、

自分で睡眠時間をコントロールしておく事が大切です。

 

また、体力的な問題もあります。

 

若い内は徹夜して遊んでいられたのに、

段々とそれができなくなったという話も良く聞く話なのではないでしょうか。

 

体力的に徹夜できるかどうかも違ってきます。

やはり若い内は多少の無理はできても、

年齢を重ねてくると健康的な生活を送らざるを得なくなります。

睡眠は時間だけではなく質も大切

 

健康的といえば、お酒です。

寝酒による睡眠時間は短いといわれています。

これはお酒で寝ると、睡眠ではなく、気絶に近い作用が出るため、

早期に目を覚ますとされています。アルコール依存症になると、

お酒に耐性ができて、更に睡眠時間が短くなります。

お酒で眠るというのは、本当に最終手段として使うだけにしましょう。

日常化すると、どんどんと体を壊していって、不眠症もどんどんと悪化する事になります。

 

要は寝ればいいという事ではなくて

睡眠の質も大切なのです。

 

睡眠時間というのは個人差があります。

そして、

「眠らなくてはいけない」

というプレッシャーを抱えるとどんどん眠れなくなるという

システムを人は持っています。

 

そのため、「これだけ眠れれば大丈夫」

というラインを自分で持っておくという事は、大切です。

 

別に8時間眠らなくてもいいのです。

自分なりの睡眠時間をとっていればいいのです。

 

寝具の中にいる時間が自分なりの時間に設定されている限り、

そうしたプレッシャーはなくなってくるはずです。

 

リラックスできる音楽を聴きながら寝具で横になって、

眠るというのいいでしょう。

まずはリラックスできる環境で睡眠を取る事が大切です。

そうする事で深い眠りに入り事ができます。

 

時間の長さは最低ラインは必要ですが睡眠は質も追求する事も忘れてはいけません。

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ