快眠を奪う。浅い眠りになってしまう3つ事とは

カフェインを飲むと眠れなくなるなんてよくいいますよね。

実は、カフェイン以上に睡眠にとってよくない事があります。

意外と、コレを知らない為に、寝る前にやっている為に深い良質の睡眠を得られていない人もいるので

はないでしょうか。

 

禁止

 

睡眠前に禁止されている3つの事とは

 

それでは、深い眠りを妨げている3つの事をまず、挙げていきます。

 

■ タバコ(喫煙)

 

■ お酒(飲酒)

 

■ PC(ブルーライト)

 

これらの事は、実は就寝前にカフェインを摂取する事より時には何倍も良くないのです。

 

タバコは、脳を覚醒させる働きがあります。寝起きの一服で目が覚めるというやつですね。

反対に、寝る前に喫煙する事で、眠りが浅くなったり、眠れなくなるといった実験の結果もあるくらいです。

 

それから、飲酒は脳を強引に眠りにつかせる作用があります。つまり、自然な眠りではなくて

お酒の力で脳が寝てしまっているのです。

一見、お酒を飲むとよく眠れそうなイメージがありますが

実は、眠りを妨げている要因になります。(夕飯の晩酌であればOK)

 

最後に、パソコンです。

 

ょっと、お休み前に誰におやすみをと思ってパソコンやスマホを

いじっていると脳が覚醒して眠れなくなったり、快眠は得られません。

実は、これらの行為は、コーヒーより快眠を妨げている

 

まさか、これらの事がコーヒーより眠りを妨げているとは

あまり、認識がない方が多いのでしょうか。

 

珈琲

 

 

そしてこれらは、誰でも就寝前にやってしまっている事です。

 

もし、あなたの眠りが浅いと感じたら就寝前のコレらの行為を改めるのが良いでしょう。

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ