不眠とその影響について

不眠

 

不眠は、肉体的や精神的に影響を与えます。

ここでは、不眠によりどんな影響があるのかを解説していきたいと思います。

 

 

 

不眠は、頭と体に影響をもたらす

 

眠らない事で脳にダメージが与えられる事は昔の研究でわかっています。

極端な話、不眠が何週間も続けば脳に障害が起きたり最悪の場合には死に至る事もわかっています。

これは、全く眠らなかった場合ですが、睡眠が足りないと体と心に影響がでる事がわかっています。

 

例えば、睡眠不足と肥満は、関係があると言われています

これは、睡眠の間に成長ホルモンが分泌され脂肪が燃焼される為です。

つまり、睡眠が足りないと痩せる為に十分な時間がないので太りやすくなるわけです。

 

これは、肌の調子が悪くなったり、身体の健康と美容に睡眠が影響してくると

いう事です。

 

また、不眠により糖尿病のリスクが高まるというデータもあるので

身体全体に及ぼすリスクは計り知れないのです。

 

睡眠と精神的な問題は大きく影響しあっている

 

また、不眠が影響を与えるのは身体だけではないのです。

 

ある研究結果では、青年期に不眠が多い人は中年期に「うつ」になるリスクが高いと

言われています。

何かしら心の問題を抱えていて、眠れない人も多いのですが、

睡眠不足で心に支障をきたす人もいるわけです。

 

「嫌な事があったけど寝たスッキリした!」という経験をしている人も

多いと思いますが睡眠と心の健康も大きく相関関係があります。

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ