一杯の牛乳(ホットミルク)が快眠に導く

意外と浸透していない簡単な快眠方法があります。

それは、一杯の牛乳ホットミルク)を就寝前に飲むことです。

「えっ、本当にそんな事で快眠できるの?」って思われるかもしれませんが

これは、ちゃんと根拠もあります。

 

牛乳(ホットミルク)

 

なぜ、一杯の牛乳(ホットミルク)でぐっすり眠れるのか?

 

人は寝る時には睡眠ホルモン(メラトニン)が分泌されます。

このメラトニンを生成するのに必要なのが牛乳に含まれるとトリプトファンという物質です。

ですので、ホットミルクを飲むことで、睡眠ホルモンがちゃんと分泌されて

眠くなるというわけです。

 

それから、牛乳にはご存知の通りカルシウムが含まれています。

 

カルシウム不足になると「イライラする」という事からわかりますね。

 

このカルシウムは、心を落ち着かせる働きがあります。

ですので、落ち着いた精神状態で眠りやすくなるのです。

 

ホットミルクが眠りを誘う理由

 

ところでなぜ、温めたホットミルクなのでしょうか?ここにも快眠に導く理由があります。

温かいミルクは、体を温めます。

そうする事で、体温が上がりますので眠りに入りやすくなります。

 

以上の通りに、ホットミルクは色々な意味で快眠に導きやすい理由が存在します。

欧米では、眠れない時には、ホットミルク飲む習慣があります。

 

あなたも今日から、寝る前に一杯の牛乳(ホットミルク)で快眠しましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ