快眠できる布団の条件とは?

 

布団はもちろん快眠・熟睡と深い関係にあります。ここでは、快眠できる布団の

条件について書いていきたいと思います。

 

もし、貴方がよく眠れていないと思ったらこれから紹介する布団の条件と

照らし合わせてみて、ご自宅の布団を見直してみる事をオススメします。

 

 

布団画像

 

 

どんな布団が快眠・熟睡を生み出すのか?

 

それでは、睡眠を邪魔してしまう布団の条件をを

掛布団敷布団に分けて考えてみましょう。

 

快眠できる掛布団とは?

 

一番睡眠を邪魔してしまう掛布団は、重い布団です。

理由は二つあります。

 

■ 安眠できるのに必要な寝返りがうてない

 

■ 掛布団が重いと単純に疲れるから

 

以上の理由で、重い布団は避けた方が良いでしょう。

 

但し、冬などはどうしても枚数を多くして

暖かくしてしまいがちですが、理想は重くなく暖かい掛布団なのです。

 

それから、同時に暖かくなり過ぎなく汗を良く吸収してくれるのも

快眠をもたらす布団に求められる布団の条件です。

 

これを満たしてくれるのが、羽毛布団です。

もし余裕があれば、良い羽毛布団を購入されると快眠を得られやすくなるでしょう。

 

快眠に必要な敷布団の条件とは?

 

次に紹介するのは、快眠をもたらす敷布団の条件です。

 

敷布団に求めるのは、寝心地です。

固過ぎなく、柔らか過ぎない体に負担を掛けない事

掛布団同様に、通気性と温度調節も重要なポイントです。

 

最後に敷布団として大切なのは防ダニ加工が施されているか否かという事です。

ダニ対策がされていないと睡眠時に不快感を感じて快眠できませんので、この点は

重要です。

 

この条件を満たしていてオススメなのが、
「雲のやすらぎ」という敷布団です。

 

■ 寝心地
■ 防ダニ加工
■ 温度調整
■ 通気性

 

これらの条件も満たしているのでオススメの布団です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ